国保ヘルスアップ事業支援協議会より、最新のイベント情報やお知らせなどを随時アップ致します。

カテゴリー
<< ブローゴルフと毛細血管観察会in神戸 | main | 「健康予報士」を育成しています >>
高名な名医と誠意の誠医
JUGEMテーマ:健康

薬の副作用と同じように
便利にもリスクがあります

健康にいい習慣を身に着けて自立
した健康を手に入れましょう

電子カルテの普及によりカルテへの筆記が
なくなりパソコンへの入力作業が主となり
医療の煩雑なオーダー業務が簡素化され

一元管理がなされる大病院

診察室から医師がパソコンへ検査依頼を
入力すると各検査科へ依頼が送信されて
患者さんは指示された検査を受けて診察室
に戻ると検査データも主治医の元に届く

便利で時間短縮になった!!

しかし
患者さんも医師も正面を向きあって顔を
見合わせる時間が少なくないですか?

医師はパソコンに向かって患者さんへ
問診をしてデータ入力をしています


検査結果のデータや病態そして画像診断
の映像を見ながらの治療方針を伝えます
そしてパソコンに向かって処方薬を選択し
パソコンに向かって処方内容を話します

大きな病院には重症度の高い患者さんを
診る資格がある医師もいて治療設備も
整っているとは思います
そして名だたる名医も多くおられます

「精神科医師の認定医問題がありました」

小規模な医療施設で患者さんを診る医師が
いました
丁寧に五感を使い「診て聴いて触れて」
誠意な対応で患者さんを診る誠実な医師
誠医でした

| ニュース・イベント | 10:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://newevent.tokuhi-kenkou21.jp/trackback/75
トラックバック

▲このページの先頭へ